借入限度額とは?


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m010c113/public_html/freedomtownship-portage.com/wp-content/themes/newton/inc/template-tags.php on line 102

消費者金融でお金を借りる場合、その金額は無制限ではありません。
借入できる上限額、すなわち「借入限度額」が決められます。
通常の消費者金融では、借入限度額の範囲内で借入と返済を繰り返していくことになります。
例えばキャッシング 即日借入限度額で200万円の契約を行ったとします。
初回の利用で200万円の現金を借入しました。
その後返済が進んで、残高が180万円まで減ったとすると、空き枠20万円は通常いつでも好きな時に追加で借入できます。
しかし、なんらかの事情(毎月の返済が遅れていた場合など)にはこの追加の融資が受けれないこともあります。
これを「新規貸越停止」といい、そうなると残高が無くなるまで返済のみを行うことになります。
このような状況にならないように、十分注意していきましょう。
借入限度額は、申込時に希望額を提示します。
その後の審査によって、その希望額が通るかどうかが判断されます。
誰しも希望する借入限度額で契約できるとは限らないのです。
限度額を決定する要素には、様々なものが関係してきます。
一概にどのような基準を満たしておく必要があるのかは、審査を受けてみなければわかりません。
ただし、消費者金融の借入限度額は法律によっても制限されているので一つの目安として覚えておきましょう。
その法律は「改正貸金業法による総量規制」の定義です。
「総量規制」とは、貸金業者が貸しだすことのできる金額を利用者の年収により制限をかけるという主旨のことです。
具体的には、利用者の年収の「3分の1」を越える貸出を禁止しています。
この貸出額は「借入限度額」で判断されます。
例えば、年収600万円のAさんが既に、以下の借入を行っていたとします。
・B社から100万円(借入限度額100万円)
・C社から30万円(借入限度額50万円)
Aさんの年収の3分の1の金額は200万円ですので、総量規制下でAさんが新たに借入できる金額は
200万円ー(100万円+50万円)=50万円 となります。
残高ベースでは 200万円ー(100万円+30万円)=70万円 となりますが、あくまで限度額ベースで計算する必要があることに注意しましょう。
総量規制が導入されたことにより、消費者金融をはじめとする貸金業者は利用者の年収を調査する義務も科せられました。
法律では、
?自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合(与信枠が50万円を超える場合も含みます)
?他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合
には年収を明らかにする書類により確認しなくてはいけません。
同時に、利用する側も年収を証明する書類の提出が求められるようになりました。
これは新規の申込時だけでなく、利用している間は常に必要になってきます。
先の条件の金額を借入している間は、定期的に収入を証明する書類を提出しなくてはいけません。
通常は文書などで会社側から提出を依頼する案内が送付されています。
知らないうちに放置していると、冒頭で述べた「新規貸越停止」の処置を取られる場合もあります。
案内文には十分に注意して、遅れることのないようにすみやかに提出するようにしましょう。

電話なしでは消費者金融に申し込みはできない


Warning: sprintf(): Too few arguments in /home/m010c113/public_html/freedomtownship-portage.com/wp-content/themes/newton/inc/template-tags.php on line 102

申込書の中にはいくつか必須項目があります。
飛ばすことができない項目ということです。
その中に電話番号もあります。
消費者金融に申し込みをするときには電話なしということはできません。
その理由を考えてみましょう。
消費者金融という業者から「お金を貸す」という商品を利用することになります。
借りる以上は返さなければならず、しかし消費者金融と借り入れをする申込者の間には実際のやり取りもなければ信頼関係もありません。
そのため、自分の情報と所在を明確にしておかなければなりません。
万が一返済ができない状況となったときには消費者金融にとって連絡をつける手段が必要ということです。
電話番号は携帯電話だけでも問題ありません。